採用支援システムサービスの比較

人材採用のコストを抑えつつも的確に行うためには、支援システムを利用することが不可欠です。大勢の応募者をいっぺんに管理するのは難しいものですが、このような支援システムを活用することで見込みのある応募者を取りこぼすことなく採用できるようになります。そのためには、支援システムを選ぶ上でサービスの比較が必要になります。まずはどのような機能を必要とするのかを定めた上で、似たような機能を持つサービスを比較して使い勝手やコストなどを検討することが大事です。ポイントはいかに人事担当者の負担を減らすことができるのか、業務の引継ぎは簡単に行えるのかなどが挙げられます。また内定者をしっかりと確保するためのコミュニケーションツールを備えているかどうかも大事なことです。

便利な採用支援システムの探し方

採用支援のシステムは求人募集に対する応募者の管理や進捗状況、審査状況などを一元で管理できる便利なツールです。採用人数が多いような場合、人材採用担当者の負担を減らすための便利な機能が色々と用意されています。サービスによって使える機能は異なるので、比較しながら選ぶことが大切です。例えば内定者を確実に採用するためのフォローシステムを採用していたり、あるいは学生とのコミュニケーションを円滑に行うためのツールを用意しているなど独自の機能を選ぶことができます。人材採用において、採用活動や応募者のフォローなど何を重視するかによって選ぶシステムも異なります。その点を踏まえてサービスを比較し、コストを抑えるために余計な機能は排除しつつも、役に立つものを選ぶことが必要となります。

重視すべき採用支援システムの特徴とは

人材の採用支援システムは、その対象によっても必要な機能は異なります。新卒者か既卒者か、グローバル企業における採用なのかによって必要とする機能は違うというわけです。一般的な求人サイトの利用者をピックアップしたり、非公開となる求人に対しての応募者のフォローをするものなど必要な機能は色々とあります。また採用基準の設定や、それに対して応募者をどのように評価するのかも大事な要素となります。さらに有望な応募者を逃すことなくコンタクトを取ることができるシステムも必要です。大勢の応募者を一元で管理し、内定者や辞退者、あるいはそのフォローなどを少ない人員で行えるようにすることも大事なポイントとなります。人材採用は一人の担当者の独断ではなく、定めた判断基準に沿って行えるようにすることも大事です。