どういった人に採用支援システムは向いているのか

採用支援システムは、企業などが採用を行うさいの流れをサポートしてくれるものです。採用支援を受けることで、採用に掛かるコストを抑えることができ、また企業にとって必要とする人材の確保をスピーディーに行うことができます。特に新しい企業にとっては人事採用のノウハウが未熟なので、そのためのノウハウを得ることができますし、中小企業などでは人事採用に割かれる人材リソースを節約することが可能です。大手企業でも異業種での参入などのさいに必要とする人材を得る上でも採用支援を受ける上で十分なメリットがあります。また人材確保をしたあとに社員としての一通りの研修といったものもトータルでサポートしてくれるので、それらに割かれる時間やコストも節約することができます。

採用支援システムのメリットについて

採用支援とは人材を採用するために必要な流れをサポートしてくれるもので、企業が必要とする人材確保に役立てることができるものです。一般的に人材確保は自社の人事担当者が行うことになりますが、良質な人材を確保するためには、他社との競争に勝ち抜く必要があり、さらに確保した人材も適切に教育を行う必要があります。これまでは、これらのノウハウは人事担当者らが蓄積して行ってきましたが、人材の確保はその時々によって変わってきます。このため採用しない場合には無駄になりますし、反対に大量採用を考えた場合には過度に負担が掛かります。これらを外部の採用支援を行う業者にサポートを依頼すればコスト面とリソース面での節約をすることが可能で、また多面的な人材確保が可能で、企業が必要とする人材を得ることができます。

採用支援を受けるのに適した状態とは

採用支援システムといってもその種類はさまざまで、一般的な新卒採用から中途採用、また有能な技術者のヘッドハンティングなどが含まれます。このため採用支援を受けるさいにはどのような人材を確保するのかを明確にしておく必要があります。これらは社内の人事担当だけで行った場合には、考え方が偏りがちになるため、より幅広い人材を確保したい場合などが採用支援を受けるのに適しています。また人事採用に掛かる社内でのリソースを節約したいといった場合にも有益な方法です。また継続的な人材確保が必要な場合にも適しています。コスト面では、一般的な新卒採用では1人あたり60万円、中途採用では40万円ほどの費用が掛かるといわれており、これらの費用を抑えたい場合にも採用支援は適しています。