それぞれの需要に合わせた採用支援システム

採用支援システムは、人事担当者の負担を減らすことができるツールとなります。大勢の応募者から集めた課題の回答やアンケートなどを管理したり分析のために提供したりします。新卒採用か中途採用かによって、審査基準は大きく異なります。そのように条件が変わる求人応募に対応して、必要な書類をすぐに分析したり、採用基準を満たしているかどうかをチェックすることに役立てることができます。またどんな課題を出せば有益な回答を得ることができるのか、選考過程をどのように管理すれば良いのかがわかるようになります。新卒採用か中途採用かによっても、与える課題や審査基準は異なるものです。それぞれに必要な手順を設定することで、すぐに切り替えて使うことができる便利はツールであることがわかります。

需要に合わせた採用支援システムとは

求人募集には居つくかのパターンがあります。新卒者を採用したり中途採用者を募集したり、それぞれに採用基準や求める課題も変わります。そのような情報を一元で管理して適切な採用判断を下せるのが採用支援のシステムとなります。例えば新卒者の場合、将来性を判断するための情報を集めることが必要になります。提出依頼する課題も、これからどんなことに取り組みたいのか、学生時代にはどんな取り組みを行っていたのかといった内容になります。また社会経験が無い中でもどんなスキルを持っているのか、幾つかの設問に答えてもらうことで判断することになります。採用管理工程の削減することで、担当者の負担を大きく減らすことができるようになります。それに加えて将来性のある人材を見落とすリスクも削減できます。

中途採用者に必要な採用条件とは

一方で中途採用者を選別するための管理も独自のものが必要となります。応募者は一度に集まるわけではないので、どこまで募集を受け付ければ良いのか、すでに手元にある応募者の中から有能な人材が発掘できるか否かを判断することになります。いつまでも応募を受け付けていれば、それだけ有能な人災が集まってくると考えがちです。けれども実際には、応募があった端から会社の求める人材像に近い人がいるかどうかをチェックする必要があります。あまりに時間がかかりすぎてしまうと、優秀な人材ほど他の会社へ移ってしまいます。そのような機会損失を発生させないように、採用支援システムで適時応募内容を確認して面接の予定も組んでおくことができます。需要に応じて設定を変えることで、リアルタイムに人材の選別が可能となるわけです。